代表者インタビュー | INTERVIEW

1.現事業へ取り組むきっかけ

これからの世の中にとって必要な介護福祉サービスではあるがイメージ・環境を変えなければ若い人材が集まらない、サービスとして向上されないと思い、今まで培った自分の経験(営業・買付・運営・開発)を活かして「新しい介護福祉サービス」を作ろうと決心しました。

2.職場の雰囲気づくり

明るく・笑顔がある環境作りを意識していますが前提に人としてのモラル・秩序・思いやりがある人間であることを重んじています。時として介護福祉に関わる人材は自らのルールを常識と考える傾向があるが人としてスタンダードな常識を軸におもてなし精神、人を敬えるチーム作りを心がけています。

3.スタッフとのコミュニケーション

近しい距離感ではあるが分別あるコミュニケーションを心がけています。また定期的にMTGを実施し業務コミュニケーションは必ず怠らないように心がけています。

4.事業のイメージ

生きていく上で必ず必要なコト・モノを提供し心から「アリガトウ」と言われるビジネスを展開する事を事業軸にしています。「赤ちゃんからお年寄りまで生活に関わるお手伝い」をモットーとしており介護福祉のホスピタリティーを修得し必要とされるコト・モノを常に提供できる企業へと成長していきます。

5.近い未来の展望

最高のホスピタリティである介護福祉で培った経験を「サービス」という観点から他分野に提供したいと考えています。介護・福祉・教育=生活(ライフスタイル)”目標”と”達成”を掲げ介護福祉の分野だけに捉われない広い視野を持ち”生活”する上で必要なサービスを提供していきます。例えば、【介護福祉施設+カフェ+花屋+美容院=生活する上で必要なインフラサービス】【少子化=空家+介護福祉サービス+保育+教育=生活する上で必要なインフラサービス】など”隣にいる人”と一緒に”町づくり”を行い、「安心・安全」な地域社会を築き、雇用する場所、何より「働きたい」と思う環境を提供していきます。

6.地域との関わり

地域に必要とされる存在であるべく”ワンストップ”で全てが完結できるサービスを提供していきたいと考えています。隣に住んでいる人の困っていることに必ず役に立つコト・モノを提供していきます。

【新しい村社会をつくる:New village society is made with everyone】

7.企業として挑戦すること

常に考え、常に挑戦することをモットーに「必要とされる存在」を追求し続けていきます。そうすることで国の方針、トレンドに左右されない確固たるブランドとして確立し「安心・安全・安定」した雇用を生み、家族が毎日楽しく生活が送れる環境を提供できると信じています。

8.企業としての目標・指標

社会的意義を問い続け、心から「ありがとう」と言われ続ける100年企業を目指します。株式会社SENSEは時代背景に先見し、生活に関わる全てにおいて本当に必要なモノを選定し、お客様、地域社会、取引先、社員とすべてに関わる方々への身近な存在、価値ある企業であり続けます。